【海外の携帯電話事情】

  • URLをコピーしました!

初めての海外SIM(海外携帯電話)

JapanWirelessではアメリカ/カナダ/世界各国の携帯電話、SIMカード/eSIMの販売を行っております。
アメリカ現地にも事務所を構える他、他国のショップとも提携して渡航後のサポートも充実させております。
そんな海外の通信関連に携わっている立場から、初めて海外の携帯電話、SIM/eSIMをご利用いただく方向けに購入までのチェックポイントをアドバイスします!

◇海外SIMの購入

コロナ禍も収束を向かえ、ようやく海外渡航される方も増えてまいりました。
海外旅行や海外留学、海外出張、駐在など延期されていたプランが動き出している方も多いかと思います。
(当店でもアメリカ/カナダへ渡航するために携帯電話、SIMカード/eSIMのお申込みをされる方が増えております。)
海外への渡航に際して、必需品の一つとして携帯電話やタブレット端末などの通信サービスがあります。
何かと事件や事故が多い昨今、現地到着後にはすぐに連絡が取れるような手段を整えておきたいですよね。

ポイント
海外渡航の際には現地到着後にすぐに利用できる通信手段を準備することが望ましい
⇒ 渡航先のホストファミリーや友人知人との待ち合わせなどに便利
渡航前に連絡が取れる電話番号を家族などに伝えておきたい
⇒ 渡航前に電話番号が分かっていることにより安心

便利な時代になったもので、現在ご利用中の日本の携帯電話も簡単にそのまま渡航先で利用いただくことは可能です。
しかし…日本の携帯電話サービスを海外ローミングで利用すると非常に高額になります。
海外データ定額などを利用しても、通話にかかる料金は別に発生しますし、渡航日数やデータ通信量によっては非常に高額な請求になってしまいます。

ポイント
日本の通信サービスを海外ローミングなどで利用すると非常に高額な請求が発生
海外データ定額などのサービスは、1日(24時間)で○○円と日ごとの定額課金が発生、利用できるデータ通信に上限がある
海外データ定額などのサービスは、データ通信に対してのものなので通話は別途料金が発生する
⇒ 緊急時以外での利用は避けたいところ

やはり現地の通信サービスを利用することが、料金の安さはもちろんのこと、通話やデータ通信の品質の安定性を考えても最適となります。
ただし、通信会社(キャリア)の選択は重要です。日本同様に安いけれどエリアが狭い、通信速度に制限があるなど注意が必要です。
特に日本より国土が広い国では大手通信会社(大手キャリア)の通信網(ネットワーク)を利用している通信会社(キャリア)の選択が望ましいです。
また、問題となってくるのが、「現地の言語が分からない、多少は言語が分かるけれど、通信会社など特殊で独特の言い回しは不安、契約ごとなので不安」など、現地の言語が分からないことからくる不安が大きいと思います。
日本に正規代理店(正規販売店)がある通信会社(キャリア)なら、日本語でのサポートも受けられるので安心です。

ポイント
現地の通信サービスを利用することが料金面、通信の安定性からも最適である
⇒ 自国の通信網(ネットワーク)を利用したサービスなので安くて当然、日本よりも国土が広く(渡航先による)、インフラ設備が整っていないエリアも多いので通信会社(キャリア)選びは重要
現地の言語が分からないと契約が難しい
⇒ 日本に正規代理店(正規販売店)がある通信会社(キャリア)を選ぶことで日本語によるサポートが受けられる

◇海外で利用するSIMカード/eSIMを購入する店の選択

日本の正規代理店(正規販売店)が販売しているSIMカード/eSIMを購入して利用することが安心です。
購入する販売店は「正規代理店(正規販売店)であること、現地に店舗や事務所を構えているor提携先があること、日本語で利用開始~利用開始後、解約のサポートまでしてくれること」を基準に選ぶと安心です。
何故なら、SIMカード/eSIMは購入して端末に挿しただけでは利用できないからです。(一部プリペイドタイプなどでは利用可能なものもあります)
利用するには日本の携帯電話同様に通信会社(キャリア)への登録が必要となりますが、英語や他国の言語での登録(入力)が必要となるため、登録まで代行で行ってくれる販売店が安心です。
また、SIMカード/eSIMによっては利用できる機種が限定されるものもあったりしますので、その辺りの案内などもあるかがとても重要です。(対応周波数、対応バンド、プロファイルやAPN設定など)
平行輸入して販売だけを行っている業者や個人輸入でweb上で販売しているものには注意が必要です。
中には使用済みのSIMカードを送られてきて使えない、チップ部分が腐食していて使えないなどといった悪質なものもあるようです。
買ったはいいけど使えない、登録は自分で行わなくてはならないが言語が分からないから登録が出来ない、細かい情報が不足していて端末への設定ができない…などとなってしまいますので、購入は「正規代理店(正規販売店)」に限ります。

ポイント
正規代理店(正規販売店)から購入すること(通信会社(キャリア)のサービスを熟知している)
現地に店舗などがある正規代理店(正規販売店)であること(渡航後に時差を気にせずリアルタイムでサポートを受けられる)
登録代行~利用開始~解約までのサポートをしてくれる正規代理店(正規販売店)であること
日本でも渡航後でも日本語でサポートしてれる正規代理店(正規販売店)であること

◇海外の通信会社(キャリア)の利用
SIMカード/eSIM本体の価格や手数料の通貨については販売店次第です。
また、通信料金への課税が高額であったり、国によっては付与されるエリアコード(市外局番)によって税金が変動しますので注意が必要です。
日本同様に大手通信会社~MVNOなどの格安SIMまで様々なSIMカード/eSIMがありますが、大手通信会社の通信網(ネットワーク)を利用した通信サービスを選択することをおすすめします。
プランの選択については、月額利用料金、国内通話/国内テキスト/利用可能なデータ通信量(4G/5G)/国際通話/国際テキスト/テザリング/ご利用予定端末の対応状況など、ご利用用途を考えて選択します。
また、ご利用予定端末のSIMロック解除は必須です。

ポイント
通信会社(キャリア)によっては、データ通信専用SIMカード/eSIMもあるので要確認
事前にSIMカード/eSIM本体価格や手数料、通信会社(キャリア)のサービス(料金プランなど)を確認
プラン月額利用料金、プラン毎のデータ通信量、データ通信速度(4G LTE/5G)、ネットワークエリアの確認
渡航先での国内通話/国際テキストの料金確認
国際通話/国際テキストの利用可否、料金確認
テザリング利用可否の確認
ご利用予定端末の周波数(バンド)に対応しているかの確認
請求サイクル(毎月〇日締め、〇日払いなど)の確認 *日割対応の可否も確認

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!